【過去10年分】リュードの移動平均線を使った手法の過去検証【USD/JPY】

移動平均線(SMA)と水平線を使った手法の

  • 勝率
  • 最大連勝数
  • 最大連敗数
  • 最大ドローダウン
  • プロフィットファクター

など明確に数値化する為に過去10年分のチャートで検証(バックテスト)しています。

過去検証はTradingviewのリプレイモードでやっています。

SMAに期間の設定はフィボナッチ数列を使った

  1. 短期SMA=21日(赤色)
  2. 中期SMA=55日(水色)
  3. 長期SMA=89日(紫色)

で設定しています

この記事の信頼性

リュード

  • FXトレード3年目のスイングトレーダー
  • 2年目で平均月利+17%維持
  • 1トレードで100pips~200pips獲得するのが得意

2011年

4月1日(金)エントリー

4月1日現在は3本のSMAがほぼ水平で絡み合っているのでレンジ相場と判断

過去に安値だったかなり目立つヒゲの先端に水平線を引き

ここが現在のレンジの高値になると見立ててショートしました。

損切り-50pips

利確は+400pips

に設定

4月6日(水)
-50pips損切り

あっさり上抜けして-50pipsの損切り

戦略自体は悪くなかったので仕方なし。

2012年

2月17日(金)エントリー

現在は3本のSMAが絡み合っているのでレンジ相場と判断

79.540の水平線がレジサポ効いている感じるので

ここがレンジ相場の高値と見立ててショート

レンジの安値より上の

+250pipsで利確

-50pipsで損切り

 

2月22日(水)
-50pips損切り

思惑通り動かずに-50pipsで損切り

戦略は悪く無いので仕方ない

2014年

10月15日(水)エントリー

過去の高値に水平線を引いた

現在(四角で囲ったところ)はSMAがゴールデンクロス後パーフェクトオーダーになっているので

上昇トレンドだと判断

水平線がレジサポ効くと見做して押し目買いしかけたい

直近高値付近で利確予定

-50pipsで損切り

10月31日(金)
+400pips利確

見立て通りレジサポ転換して急上昇してくれたので+400pipsで利確

結果的に利確後に昇龍拳発動して勿体ない感じするけど

ここで勿体ないと感じたら負け!

2018年

3月13日(火)エントリー

現在(四角で囲った所)は3本のSMAがデッドクロスしてて紫色の89SMAが明確に下降しているので下降トレンドだと判断

過去の分かり易い安値を基準に水平線を引いた

下降トレンド発生後、この水平線でレジサポ転換して下降する前提で戻り売りをしかけたい

直近安値より少し上で利確予定

-50pipsで損切りします。

 

3月16日(金)
+165pips利確

思惑通り動いてくれて+165pipsで利確

 

4月5日(木)エントリー

前回と全く同じエントリー

107.315の水平線で戻り売り仕掛けます

直近安値より少し上で利確予定

4月20日(金)
-50pips損切り

水平線を上抜けしたので-50pipsで損切り

2019年

6月27日(木)エントリー

SMAがデッドクロス後パーフェクトオーダーになっているので明確な下降トレンド

直近で21SMA(赤色)がレジスタンスとして意識されているので、今回も意識されて戻り売りできると見立てています。

7月8日(月)
-50pips損切り

見立て通りに動かず-50pipsで損切り

+60pipsまでは含み益でたんだけどな…

経験上、SMAのみを根拠に押し目買い・戻り売りしかけて勝てる確率低い印象あり

水平線を根拠にエントリーした方が勝ちやすい印象

ここら辺の「印象」を沢山検証して統計を出して

明確に数値化して「結論」を出さないとリアルでは長期で勝てない

「印象」の段階では曖昧なので、この曖昧さがリアルだと手法のブレに繋がる

手法のブレが生じるとメンタルのブレに繋がるので長期的に勝ち続ける事は不可能

だから過去検証は必須作業!

結果
(勝率33%・獲得pips数=365pips・PF=2.825)

  • 2勝4敗(勝率33%)
  • 獲得pips数=+365pips
  • PF(プロフィットファクター)=2.825

プロフィットファクターは3近い数値なので悪く無いけど

勝率&獲得pips数は少な目なのが気になるところ…

 関連記事

FXの移動平均線(SMA)と水平線を使った手法の過去検証の結果まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください