トレーディングビューのリプレイモードの使い方を解説

TradingViewには「リプレイモード」が標準搭載されていますが

  • リプレイモードってどうやって使えばいいの?
  • リプレイモードにはどんな機能があるの?

こういった悩みを解説する為に使い方や機能を詳しく解説していきます!

TradingViewの
リプレイモードの使い方
【画像を使って分かりやすく解説】

リプレイをクリック

チャートの上のメニューバーにある「リプレイ」をクリックします。

 

拡大するとこの様な感じです。ここをクリックします。

 

 

もし無料プランを使っている方はこの様にログイン画面が表示されます。

残念ながらリプレイモードは有料プランでしか利用できません…

有料プランだったらどのプランでもリプレイモード利用可能です!

 

どこまで遡るかを決める

「リプレイ」をクリックすると

この画面の様に赤い縦線が表示されます。

この赤線を左右に動かしてクリックする事で過去のどの時間足まで遡るのかを決定する事ができます。

 

リプレイモードのメニュー画面で操作する

過去の時間足まで遡ったらこの画像の赤枠で囲った「リプレイモード」のメニュー画面で操作をします。

以下リプレイモードの各メニューの説明をします。

再生したい場合

直感的に分かるかと思いますがこちらが再生ボタンです。

再生ボタンを押すとこの様にロウソク足が動き始めます。

 

ロウソク足のスピードの調整をしたい場合

再生時のロウソク足のスピードの調整はここで行います。左から

5秒毎、3秒毎、2秒毎、1秒毎、0.5秒毎、0.1秒毎 にロウソク足を1本更新する様にスピード調整が可能です。

【スピード1秒毎】

こちらが「1秒毎」に設定した時の1時間足のロウソク足の動きで

 

【スピード0.1秒毎】

こちらが最速の0.1秒毎に設定した1時間足のロウソク足の動きです。

スピードの違いが段違いなのがお分かり頂けると思います。

 

任意のタイミングで
ロウソク足を進めたい場合

一時停止状態でこちらのボタンを1回クリックするとロウソク足を1つ分進める事ができます。

任意のタイミングで時間を進めたい場合に便利なボタンです。

 

任意の日時まで
ロウソク足を戻したい
or進めたい場合

再生中に任意の日時までロウソク足を進めたり戻したりする場合はこちらのボタンをクリックして下さい。

 

最初に「リプレイ」を選択した時と同じく

赤い縦線が表示されるのでこの赤線を左右に移動させて希望の日時でクリックする事で

その日時まで移動する事ができます。

 

現在の日時まで移動したい場合

現在のロウソク足に戻りたい場合はこちらの「リアルタイム」のボタンをクリックすれば瞬時に現在の日時に移動します。

 

リプレイのモードを終了したい場合

こちらの「✖」ボタンでリプレイモードを終了できます。

 

Trading Viewの
リプレイモードで出来る事

リプレイモード中に時間足を変更できる

こちらの動画でリプレイモード中に1時間足→5分足→15分足と一時停止を挟んで時間足を変更する事が可能です。

「ForexTester」「MT4裁量トレード練習君プレミアムだとテスターを稼働中に時間足を変更しようと思うと

最初から設定をやり直す必要があるので地味に便利です。

調べた限りだと過去にはこの機能が無かった様でアップデートされて新たにで出来るようになった機能のようです。

Trading Viewの
リプレイモードで出来ない事

マルチタイムフレームには対応していない

テクニカル分析をする主軸となる時間足とその上位足を同時に表示させてトレードをする

所謂「マルチタイムフレーム」でトレードをされている方も多いかと思いますが

TradingViewのリプレイモードはマルチタイムフレームには対応していません。

例えばこの画像だと左右にUSD/JPYの1時間足と日足が表示されていますが、左の1時間足を選択した状態になっています。

この状態でリプレイモードを選択すると左の1時間足のみリプレイモードになり、右の日足は連動せずにリプレイモードになりません。

右の日足を選択すれば日足のみリプレイモードになって左の1時間足はリプレイモードになりません。

デモトレードができない

リプレイモード中はデモトレードができません。

なので過去チャートでバックテストをしたい場合はチャート上に印を付けるなど手動で記録をとる必要があります。

まとめ

 

以上の事を考慮すると

土日に1週間のトレードの振り返りをする為にリプレイモードで過去チャートに戻って反省する、

といった用途には適していますが、バックテストをするにはちょっと性能的に不便だと感じます…

バックテストやトレードの練習をする場合は有料で決して安くないですが

「ForexTester」「MT4裁量トレード練習君プレミアムを使った方が良いと思います。

 関連記事

トレーディングビューが過去検証に向いていない致命的な3つの理由

【初心者必見】トレーディングビューの使い方全てを分かりやすく解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください