【1ヵ月半で+689pips稼げた】鉄板の戻り売りポイントと信頼性のあるもう1つの水平線

2月末から唯一ほぼ常勝で合計+689pips稼がせてもらっている通貨ペアEUR/JPY

常勝の秘訣の鉄板のレジサポラインの他にもう1つ信頼できそうなレジサポラインを発見したので

  • 鉄板の戻り売りのポイントはどこなのか?
  • もう1つの信頼できそうなポイントはどこなのか?
  • この2本のラインを発見した上での合理的な戦略

この3つを具体的な根拠を交えて解説していきます!

この記事を読む事で

  • 移動平均線(以下SMA)と一目均衡表を使ったトレンドの見極め方
  • 王道中の王道、上位足のトレンドに乗っかった順張りトレードのやり方
  • リアルなチャートを使った水平線の引き方

以上3つの事が学べると思います!

この記事の信頼性

リュード

  • FXトレード3年目のスイングトレーダー
  • 2年目で平均月利+17%維持
  • 1トレードで100pips~200pips獲得するのが得意

 

689pips稼げたレジサポラインともう1つの信頼性のあるレジサポライン

1ヵ月半で+689pips稼がせてくれてる鉄板のレジサポラインはここ!

まずは2月から常勝して稼がせてもらっている鉄板のレジサポラインが以下のラインです。

もし「レジサポライン」の意味が分からない方がいたら以下の記事で解説しているので参考にしてください。

【攻防一体のFX最強スキル】水平線の正しい引き方を極める!

【EUR/JPY 日足】

121.000のラインです!この画像のオレンジで囲ったところがレジスタンスライン&サポートラインとして意識されている箇所です。

反発の回数が多くかなり信頼されているのが分かります。

 

【EUR/JPY 週足】

上位足の週足は

  1. SMAがデッドクロス後、3本とも綺麗に右下に向かって並んでいる
  2. 一目均衡表の下降雲が分厚く形成されている

以上2点から明確な長期下降トレンドだと判断できます。

関連記事

FXのトレンド相場レンジ相場を見極める為のインジケータと判断の仕方

 

2月末から

  • 日足で確認がとれる121.000の明確なレジサポライン
  • 週足は長期下降トレンド

以上2つを根拠に121.000からショートして連勝できていました。

直近のトレードでは121.000から118.005までショートして約+270pips獲得できました!

このレジサポラインを根拠にした過去トレードの実績

 

今気づきましたがツイートの+275pipsって間違ってますね…(;’∀’)

 

もう少し過去に遡ると

 

3月4日に+151pipsで利確できています。

 

2月28日には+120pipsで利確

 

2月25日には+125pips利確

 

2月21日はチキン利食いですが+23pips!

確かこの時はコロナの影響が初めて相場に影響しだした頃でビビってチキン利食いしてました…(;’∀’)

合計すると2月末から現在までEUR/JPYのみで+689pips稼げています!

もちろんEUR/JPY以外の通貨ペアはポコポコ負けているので差し引きの利益はもっと少ないですけどね…(-_-;)

参考記事

FXトレーダー・リュードのトレード日記

 

EUR/JPYの121.000は過去の実績から信頼できる鉄板の戻り売りポイントだと思っています。

【新たに発見】
信頼できそうなもう1つのレジサポライン

121.000の鉄板のレジサポラインの他にもう1つ信頼性の高そうなレジサポラインがあったのでそちらも解説します!

【EUR/JPY 日足】

価格は120.000のライン

多少ダマシもありますがオレンジ四角で囲った箇所がレジサポラインとして意識されていると感じました。

 

【EUR/JPY 週足】

しかもこの120.000のラインを週足で見るともう少し時間が経つと週足の20SMAと50SMAとほぼ一致します!

なので

  1. 週足は長期下降トレンド
  2. 120.000がレジサポラインとして意識されている
  3. 更に20SMAと50SMAも120.000と一致して抵抗線になり得る

これら3つの根拠が重なるタイミングなので下降トレンドに乗っかった戻り売りの絶好のエントリーチャンスと見立てています。

具体的な戦略を考察

【手堅い戦略】
鉄板の121.000まで待つ

一番無難で堅実な戦略が今まで稼がせてくれた121.000まで待って戻り売り!という今まで通りの戦略

この戦略のデメリットは

もし120.000で反発・下降した場合はエントリーチャンスを逃す事になる、ですね…

言い換えれば負けの可能性は少ないと見立ています。

 

【柔軟且つ実践的な戦略】
120.000と121.000で分割エントリー

もう1つ思い浮かんだ柔軟性のある戦略がこちら

  1. 120.000で半ロットでショート→もし上昇したら-50pipsで損切り
  2. 121.000で通常ロットでショート→万が一上昇したら-50pipsで損切り

こちらの戦略のメリット・デメリットは

  • 見立て通りに120.000で反発・下降してもある程度利益を確保できる
  • 120.000で反発する事なく上昇しても半ロットなのでダメージは少ない
  • 最も信頼性のある121.000で二段構えのショート
  • 最も信頼性のある121.000がもし上にブレイクすると2連敗してちょっとダメージ痛い

こういった感じになりますね…

正直僕の中でもどっちの戦略を取るのかこの記事を書いている段階では決まっていないです…

じっくり相場全体を見て結論を出していきます^^

 

長文お読み頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください